システムベッドってどう選ぶ?

システムベッドの選び方

耐荷重で選ぶ

システムベッドの耐荷重は、約100kg前後で作られているものが多いようです。ただ、ベッドの上で毎日何時間と寝るだけに、耐荷重はお使いになる方の体重の2倍くらいあると安心ですね。例えば、体重が60キロの人であれば、耐荷重は120kg以上欲しいところでしょうか。

システムベッドによっては、耐荷重が500kg以上のものもあり、全体の安定感からみても耐荷重が高ければ高いほど頑丈に作られているとも言えそうです。

シングルベッドよりもセミダブルベッドのシステムベッドの方が耐荷重が高い商品もあるだけに、デザインが気に入っているけど耐荷重が不安だなあとお考えの方は、サイズ違いで耐荷重が変化するかどうかもチェックしてみてください。

材質で選ぶ

大きく分けて、フレームが木製のものと金属製のものがあります。

木製のフレームは金属製のフレームよりも太く、見た目の存在感がしっかりとあります。木製の二段ベッドのような雰囲気があり、温かみも感じられるものの、色によっては圧迫感が出てしまうかもしれません。

金属製のフレームでは、パイプの太さが木製フレームよりも細いので、圧迫感は木製ほど感じませんが、温かみが薄くシンプルな印象を受けます。金属製といっても、商品によっては耐荷重がそれほど高くないものもあるだけに、しっかり確認しておきたいところです。

システムの内容で選ぶ

ベッド下が空いているタイプの、足がすごく長いベッドのような作りのシステムベッドだと、ベッド下に大きなスペースがあるので、収納場所にしたり、ソファーなどを置いてくつろげるスペースにしたりと、使い道がたくさんあります。側面がメッシュになっているものであれば、そこに小物をぶら下げたりもできますね。

デスクやチェストがセットになっているものは、こちらはシステムベッドらしく、省スペースながらもしっかりと機能的にまとめられます。後でそれぞれをバラして、それぞれを家具として使えるものもあるので、将来的に分けて使うのも良さそうですね。

ベッド周りには大体宮付きのものが多いので、小物や本などを置くスペースがありながらも、コンセントのあるシステムベッドであれば、そこから充電もできるので取り回しが便利です。

高さで選ぶ

ベッドの高さはメーカーによって違いますが、140cm前後のものが多いでしょうか。お住いの天井がどれくらいの高さかにもよりますが、ベッドの位置が高くなれば高くなるほど、天井との距離が近くなるだけに、ベッドで横になった時に圧迫感を感じるかもしれません。また、高所が苦手な方であれば、下に落ちてしまったら...なんて恐怖を感じるかもしれませんし、階段やはしごでの上り下りも多少不便にはなります。

逆にベッドの位置が低いものであれば、ベッド下スペースの自由度に影響してきます。お使いになる部屋の環境と、どういう用途でお使いになるかに合わせてシステムベッドをお選びになるのが良さそうです。

ベッドのサイズで選ぶ

システムベッドはベッド上からの落下防止のために柵があり、お部屋の中でも壁に接して設置する形になると思うので、シングルサイズと言っても腕を横に伸ばしたりが難しくなるだけに、少し窮屈に感じるかもしれません。なので、セミダブルサイズが設置できるのであれば、寝た感じはシングルより余裕がありますが、その分スペースを取ることになってしまいます。

より広いベッドをお探しの方はセミダブルサイズのシステムベッドがおすすめです。

階段かはしごかで選ぶ

システムベッドは毎日お使いになるだけに、ベッド上にはしごで上がるか階段で上がるかは重要なポイントです。 はしごだと、上り下りがちょっと大変になりますが、省スペースなのでシステムベッドの存在感は小さくなります。階段だと、ステップ部分にも収納スペースを確保できるので、小物や本などを置けますが、階段部分のスペースが生まれるだけに全体のサイズは大きくなります。

階段で注目したいのは、ステップ部分の板がしっかりと補強されているものであればより安心です。また、階段の一段目と二段目が同じサイズのものだと、ちょっと上り下りが大変になるので注意です。

カラーで選ぶ

システムベッドは部屋の家具の中でも1、2を争うかなりの大きさを占めるだけに、お部屋の雰囲気に合わせた色選びは大切です。

例えば、黒だと部屋の印象がぐっと変わるので、フレームの細い金属製のタイプのものがいいかもしれません。壁紙の色に合わせて、壁紙が白なら白いフレームを合わせることで存在感を少し小さくするのも配置のテクニックでしょうか。

ベッド下の通気性で選ぶ

ベッド下がメッシュやすのこになっていると通気性よくお使いになれます。敷くマットレスによっては、夏は涼しくても冬が少し寒いかもしれないので、地厚の敷きパッドなどをマットレス上に引いて対策できます。

逆にベッド下が全て板になっていると、お使いの環境によっては敷布団がカビてしまうことも考えられるので、時々敷布団を畳んだりしてカビ対策をしておきたいところです。