洗顔タオルってどう選ぶ?

洗顔タオルの選び方

生地の素材で選ぶ

「顔を洗うタオル」として作られているだけに、肌あたりの良い天然素材を使った商品が多いですね。

生地に使われる素材は、オーガニックのコットン、天然パルプ、マイクロファイバーと、タオルとしては馴染みのある素材から、ちょっと変わった素材のタオルもあります。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/silkshop-kenkouclub/07-3010.html

https://store.shopping.yahoo.co.jp/silkshop-kenkouclub/

こちらの洗顔タオルは、片面がシルクのパイル、片面が綿のパイル。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/sotsot/to-42.html

https://store.shopping.yahoo.co.jp/sotsot/

ささ和紙と呼ばれる和紙を使った洗顔タオルです。天然のくまざさを使った和紙を細長くカットして、糸にしたもので作られているそうです。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/oliveavenue/nakagawa388.html

https://store.shopping.yahoo.co.jp/oliveavenue/

こちらはなんと動物の鹿皮!キョンと呼ばれる鹿の皮で作られています。タオルと聞くと糸から作られているものというイメージがあるだけに、ちょっとびっくりですね。長く使っていけるだけに、愛着が湧きそうです。

繊維の細かさに注目

洗顔タオルは顔の皮膚を傷つけないよう、肌へのダメージを考えて作られているので、どの素材のタオルも大体のものが繊維が細かく、中には髪の毛よりもずっと細い繊維のタオルもあります。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/copa/t0100600.html

https://store.shopping.yahoo.co.jp/copa/

顔の皮膚は身体の中でもきめ細かいだけに、繊維の太いタオルでは皮膚の溝や毛穴の汚れを取りきれずに表面だけの汚れしか洗い落とせないところを、細かいところにまで入りこめるくらいの繊維の細いタオルであれば、普通のタオルでは落とせない、皮膚の細かい溝などの汚れや古い角質が落としやすいとされています。

参考に、髪の毛の太さは約0.05mm~0.15mmと言われていますが、キョンセームの繊維の太さは0.0000015mm!とても細かいですね!

洗浄力で選ぶ

洗顔用のタオルは石鹸や洗顔料を使わずに、水やお湯だけで洗顔できるものが多く、毎日のメイク落としや、余分な皮脂の拭き取りにも使える洗顔タオルもあります。

洗顔料なしで洗顔できる洗顔タオル

洗顔料を使うと肌がヒリヒリしたり、カサついたりと、お使いの肌に合う洗顔料がなかなか見つからず、洗顔料を使わずに洗顔したいという方も少なくないはず。でも、水やお湯だけの洗顔だとしっかりと洗えてるかどうか不安になります。

そこで、洗顔料を使わずに綺麗に洗顔できたら、洗い流す手間もいらないし洗顔料のコストもかからない。洗顔タオルは水やお湯だけで洗えるものが多く、経済的にも肌にも優しい作りのタオルです。

ただ、水だけでちゃんと落ちるの?って疑問に思うところですが...

https://store.shopping.yahoo.co.jp/copa/t0100600.html

https://store.shopping.yahoo.co.jp/copa/

繊維の細いものであれば、普通のタオルで洗えない部分の汚れ落ちも期待できます。普段洗えなかった部分までスッキリ洗えるかどうかで、肌の明るさにも差が出てくると考えられますし、汚れをそのまま残しておくよりは、細かい部分まで綺麗にできると気分的にも爽やかですね!

毛穴を洗える洗顔タオル

普通のタオルや洗顔料を使った洗顔では、毛穴まで綺麗にするのは難しいですよね。毛穴の表面の汚れは洗えても、毛穴の中の汚れ残りを実感することも多いのではないでしょうか。

毛穴の中まで洗えるくらいに繊維の細かい洗顔タオルで毎日の洗顔を繰り返していくことで、少しづつでも毛穴の感じが変化していくことに気づけるかもしれません。

メイクも落とせる洗顔タオル

クレンジング剤を使わずに、水だけでメイクを落とせる洗顔タオルもありますが、お使いのコスメの種類や、肌の個人差によるところだと思うので、洗顔タオルだけで綺麗に落とし切るまでの期待はできません。試してみてうまく落ちればラッキーと言ってもいいのではないでしょうか。

水やお湯だけでうまく落としきれないと感じるのであれば、先にメイクを落としてから洗顔タオルを使う、クレンジング剤と洗顔タオルの併用で、また違った結果になるかもしれません。毎日のメイク落としの補助としても使い勝手が良さそうです。

国産かどうかで選ぶ

身体の中でもデリケートな肌の部分でもある顔を毎日洗うタオルだからこそ、使われている素材の品質にはしっかりとこだわりたいところでもありますね。

各商品で公表されている生産国の表示を確認して、繊維や素材などの原料、製造は国産のものであると安心です。

どれくらいの期間使えるかで選ぶ

天然素材で作られている洗顔タオルは、使い続けていくと徐々に劣化していくので、商品によっては約1ヶ月での交換をオススメしているものもあります。

交換の目安として、ヘタってきて薄くなってきたり、肌当たりに違和感を感じたり、タオルの汚れが落ちづらくなってきたと感じたら買い換えるのがいいかもしれません。

化学繊維で作られているものは、天然素材に比べてモチが良く、1年くらい使えるとされています。

違和感を感じながら長く使わずに、消耗品と割り切ってお使いになるのが良さそうですね。

洗顔パルスイタオル

メーカー
コパ・コーポレーション
素材
レーヨン(天然パルプ)、ポリエステル
生産国
日本

春日 スキンケア用キョンセーム

メーカー
株式会社 春日
素材
鹿皮(タイトネスドレス処方)
生産国
日本